2022.12.22

TikTokで「好きなことをして生きる」

TikTokのクリエーターと企業をつなぎ、話題となるプロモーションを展開するsolezore運営するのは、自らも30万フォロワーを持つ人気TikTokクリエーターとして活躍する後藤駿幸代表取締役社長だ。「クリエーターが好きなことで生きていける社会を作りたい」と話す後藤社長に、会社創業に至った思いや、実現したい未来について聞いた。

クリエーターの労力に見合う対価を

弊社は2021年6月に創業し、TikTokクリエーターと企業をつなぐ「インフルエンサープラットフォーム」として事業をスタートしました。「価値のない価値をぶっ壊し、新しい経済を作り出す」をミッションに掲げ、TikTokerを活用したインフルエンサーマーケティングを行っています。弊社には僕以外にもTikTokerが社員として働いています。彼らは自分自身が第一線で活躍するクリエーターなので、ビジネスとしてもTikTokを扱い、プライベートでもTikTokを使っているので、ノウハウやトレンドに遅れを取るということはほとんどありません。社員皆で常にキャッチアップし、データやノウハウを蓄積しています。

僕自身がTikTokを始めた約3年前は、あまりTikTokクリエーターは稼げておらず、ほとんどが副業でやっていました。クリエーティブなことはすごく頭を使うので、本業としてやれるような環境があればいいのに、とずっと思っていました。そこでクリエーターが動画にかけた時間と労力に見合う対価を得られるような環境づくりを行い、本業として生きていける人を増やしたいという思いを持って会社を立ち上げました。

今、弊社と提携するTikTokクリエーターは800人を超えており、総フォロワー数は1億人を突破しています。視聴者数も多くにぎわっているTikTok市場に多くの企業がコストをかけるようになり、その中で弊社が果たす役割は日に日に大きくなっていることを感じています。

クリエーター個人では生み出せない価値を

弊社はクリエーターのマネジメントを行うプロダクションの機能も有しています。活躍するフリーのクリエーターも増えてきている中で、彼らがなぜ僕たちと手を組んで活動してくれるのかといえば、一人での活動では得られない付加価値を僕たちに見出しているからだと思っています。二人三脚でアウトプットすることで、一人では生み出すことが難しい、もっと大きな価値を、クライアントに対して提供していくことができるのです。その活動を通して、クリエーターがより“上空”で活躍していけるような舞台を作るのも僕たちの仕事です。

専属で所属しているクリエーターは、TikTokだけではなく、テレビや雑誌、ショー、SNSなど全てで総合力とポテンシャルをきちんと持っている人です。ただこれからは、仮に全く素人の方が弊社に所属しても、卒業したときにはクライアントに大きな価値を与えられるプロになっているような環境も作らなければならないと考えています。「solezore出身のクリエーターなら安心です」と企業に言ってもらえ、仕事を任せてもらえるプロのクリエーターを世の中にどんどん創出していきたいですね。熱量の高いファンを多く持ち、人として支持されて多くの媒体で活躍できる、そんなTikTokクリエイターを増やしていけたらいいですね。

クリエーターの市場価値が明確に

僕たちが最終的に目指しているのは、「好きなことに没頭できる社会の実現」です。やりたくないことを嫌々やっている人は世の中にたくさんいると思います。そういう人たちのために、好きなことをしてもお金を稼いで生きていくことができるという、選択肢を増やしたいのです。そのために、クリエーターがどんな環境にいても仕事を受けられるマッチングのプラットフォームをリリースするべく、現在構想中です。

これは企業側にとっても非常にメリットのあることだと考えています。よく聞くのが、時間と労力をかけてクリエーターを探し出し、いざ発注をかけたときに、想定と違ったものが返ってくるということです。ですが意外と身近にニーズを満たせる優秀なクリエーターがいたのに、気付かなかったということもあります。そうならないように、クリエーター全員に対してスポットライトを当てて、発注側からよく見えるようにし、お互い満足する価値を交換できるシステムを構築したい。これが可能になると、クリエーターの市場価値が明確になるので、自分の評価に満足しない場合は自分の価値を上げるとために努力を始めると思います。

価格と価値に対する公平性と透明性を担保することに注力しています。企業やクリエーターが納得する価値をこれからも追求し、彼らが想像していた以上の価値を提供し続けていきたいですね。

株式会社solezore

代表取締役社長

2016年、関西大学総合情報学部卒業後、東証一部上場の専門商社に入社し、法人営業を経験。2017年にECコンサルティングを行うEC支援会社に転職。新規事業のRailsエンジニアとして従事。2021年にTikTokで30万フォロワーを達成し、自らで開拓してきたネットワークやコミュニティー、蓄積してきたノウハウを生かして株式会社solezoreを設立。

https://solezore.co.jp/