ビジネス

「ヨガマッチ」でオンライン時代のインストラクターを支援 E・I・C氷室昌朋代表社員

2021年10月26日

新型コロナウイルスの感染拡大でヨガやフィットネスクラブなどのインストラクターは休業などの苦しい状況を強いられている。インストラクター向けコンサルティング事業などを行っている「E・I・C」の氷室昌朋代表社員は、コロナ禍でオンラインレッスンの需要が急増する中、インストラクターとユーザーをマッチングするサイト「ヨガマッチ」を開設した。オンライン化で専門性の高いインストラクターにニーズがあるといい、ブランディングの重要性を強調する。氷室代表社員にインストラクターに寄り添った支援と、オンライン時代のフィットネス事業について聞いた。

E・I・C氷室昌朋代表社員

セオリーにとらわれない集客

証券会社に勤めた後、24歳で独立してドーナツ店を経営し、さらにイベント企画や小規模店舗のコンサルティングなどを行っていました。結婚して妻と義理の母が経営するエステサロンとヨガスタジオに加わったのですが、集客には美容ポータルサイトへの登録やホームページ制作など業界独特の慣習を知りました。当初はそれに準じていましたが、期待していた集客につながらず、セオリーにとらわれず、それまで培ってきた他業種の手法を取り入れたところ、業績を向上させることができました。

他のサロンやスタジオのコンサルティングを始めたところ、エステティシャンやインストラクターは基本的に技術者で、経営者ではないということが分かりました。例えば、ホームページを200万円で作ったら、制作費を回収するには1回5000円のレッスンを400回行わなければならないといったことを考えずに制作してしまう。そこで、好きなことを仕事にしようと資格を取得して独立開業した人の事業継続を支援したいと思いました。

そうして2019年、ヨガやピラティス、フィットネスを体験したいユーザーと、インストラクターをマッチングするサイト「ヨガマッチ」を立ち上げました。エリアやオンラインレッスンの可否、ヨガやピラティスなどのジャンル、女性向け、シニア向け、オフィス向けといった特徴を選択すると、条件に合ったインストラクターが表示されるシステムです。約600人のインストラクターが登録しており、毎月300〜400件のマッチングが成立しています。

E・I・C氷室昌朋代表社員

サイトの登録料無料、無料セミナーも充実

「ヨガマッチ」の特徴は、インストラクターとユーザーの登録が無料で、インストラクター向けのオンラインセミナーを無料で開いています。マーケティングやブランディング、オンラインレッスンの専門家の講演、動画の作成や配信の仕方などの集客の手法をインストラクターに教えることが目的です。

さらにホテルから「健康食とヨガをセットにした宿泊プランを作りたい」とか、社会福祉法人から「施設利用者と家族向けのフィットネスサービスを提供したい」などの企業からの依頼も月に10件以上あるので、こうした案件のオーディションに合格するポイントなどもセミナーで伝えています。

個別に依頼されたコンサルティングと、それに付随したホームページ・動画の制作、専門的な有料セミナー、フィットネス関連企業からのサイトへの広告、企業案件の企画などが当社の収益となります。また、インストラクターは契約社員やフリーランスが多く、コロナ禍でスタジオが休業するなど大きな影響を受けているので、当社で各種の補助金や助成金の申請を有償で支援しています。

E・I・C氷室昌朋代表社員

オンライン時代のフィットネス

コロナ禍でスタジオの仕事が減ってオンラインレッスンを始めたインストラクターに加え、新たに資格を取得した新規参入もあり、インストラクターは供給過剰になっています。ユーザーは,これまでスタジオで提供されるプログラムしか選べませんでしたが、オンラインで多くのプログラムから選べるようになり、地方に住んでいても東京の有名なインストラクターのレッスンを受けられるようになりました。

ユーザーは、悩みが解消されれば、ヨガでもピラティスでも整体院でもいい。無料で視聴できるレッスン動画がたくさんあっても、効果があれば有料レッスンを受けてくれます。従来の「ヨガインストラクター」や「ピラティスインストラクター」から、「肩こり改善インストラクター」など専門性の高いものへのニーズが高まっています。セミナーでも、こうしたブランディングの重要性を伝えています。

コロナ禍収束後もモバイルワークは一層広まると思われます。自宅で別々に仕事をしていても、時間を決めて一緒にヨガをすれば。リフレッシュしながら仲間としての一体感を得られるのではないでしょうか。今後は、そんな企業向けの営業にも力を入れていきたいと思います。

プロフィル
1985年、熊本県出身。関西学院大学商学部卒業後、証券会社に勤務。24歳で独立後、ドーナツ店経営などを経て、結婚を機にエステ・フィットネス業界に参入。2020年、それまでの経験を活かし、インストラクターとエンドユーザーをつなげるプラットフォーム“Yogamatch”の運営をする合同会社E・I・Cを設立。

合同会社E・I・C
http://eic-beauty.com/
https://www.yogamatch.jp/

新着記事

 

ランキング

キーワードから探す