ビジネス

ドローン・スタートアップ特化型ファンド 「Drone Fund 2号」 本田圭佑氏らが参加

2018年08月03日

We use cookies on this player to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our player.
公開期間外か、視聴が許可されていない、または、動画が存在しないため、再生できません。(EQ2004)[400]

 

ドローン(小型無人機)関連事業のスタートアップに特化して投資するドローンファンドは1日、個人投資家の千葉功太郎氏が2号ファンドを立ち上げ、みずほ銀行やKDDI、サッカー日本代表の本田圭佑選手らが参加すると発表した。9月まで投資家を募り、最低30億円から最大50億円規模の投資枠を確保するとしている。

 

同ファンドは2017年6月、国内初のドローン・スタートアップ特化型ファンドとして設立。1号ファンドは、2018年1月に総額約 16億円を調達、7月末現在で21社のドローン関連スタートアップに投資している。2号ファンドは、自律型ドローンが飛び交う「ドローン前提社会」や空飛ぶ車による「エアモビリティ社会」の実現に向け、世界で戦えるスタ ートアップ企業を育てるべく設立された。

 

ファンド責任者の千葉氏は、元「コロプラ」副社長で、主に日本の技術力や独自アイデアを持つドローン・スタートアップ企業に積極的な投資を行い、ドローンビジネスやインターネット企業の経営に詳しく、千葉氏を中心した専門家チームによって、ドローン・スタートアップ企業をサポートする。

 

初期投資家には、 本田氏(個人投資用の KSK エンジェルファンド) をはじめ、みずほ銀行、 KDDI、セガサミーホールディン スなどの大手企業や、マブチモーターの創業家である馬渕喬氏らが名を連ねている。